8本RCI-FX手法24年7月トレード実例

2024年7月専業トレーダーのFXトレード
目次

24年7月RCIトレード5分足実例

FXトレーダーR

2024年7月の8本RCI-FXトレードを一部抜粋して掲載しています。
各ロジック、どのようなポイントでエントリーしているのか、トレードイメージの参考にしていただければと思います。

8本RCI-FX手法
ロジック①:狙いはトレンドフォロー(+初動)、8本RCI-FX手法全体の7割のエントリーを占める最も重要で根幹となる手法
ロジック②:過熱した相場を見極め、その後の転換をピンポイントで拾っていく手法
ロジック③:調整後の相場のベストタイミングでエントリーができる、アールの8本RCI手法の中でも最も勝率が良く、利益も伸ばせる手法

※主要なインジケーターは非表示です。

7月1週のFXトレード5分足

FXで簡単に勝てるローソク足が分かる手法とは?

8本RCI-FX手法:ロジック①EURUSD

エントリーの瞬間から伸びていきましたね。
ストレスなく余裕をもって眺めている事ができるトレードです。

しかしこの何本か前からエントリーしていたとしたらどうだったでしょうか?

ヒゲを出しながら上下に揺れ動く売り買いの攻防に巻き込まれ、気が気ではないポジションを握りしめ、よし一旦手放そう!と降りた瞬間に伸びていく・・・
これは中核となるエントリールール、そして決済ルールが定まっていないから起こってしまうのです。

8本RCI-FX手法のロジックルールでは完全にこの足しかエントリーできません
他の足はエントリーを検討する段階にすら到達する事ができないのです。
そして決済も定められたルールに適合した時に選択し、決済とします。

もちろん全てが理想通りのトレード、という訳ではありません。
ですが、

エントリー直後に伸びるポイントでのエントリーを追及できる
という前提があるからこそ、
決済においても「勝ち逃げ」を選択する
という好循環の連動性を持ったトレードを実現する事ができます。

このようなトレードの割合を高め、限りなく勝率の高まる1本のローソク足を抽出するのが本手法の大きな特徴の一つです。

7月2週のFXトレード5分足

FXにおける経済指標や介入で大きく勝つトレード

8本RCI-FX手法:ロジック③USDJPY

今週は何と言っても「介入」でしたね。

介入に限らず経済指標も突発的な事象ですのでテクニカル分析では取れない・・・取れたのならたまたま運が良かっただけ、と捉えてしまいますが、あながち絶対に取れない、というものではありません。
有名な言葉に織り込み済み、という表現がありますが、経済指標も介入も事前に情報を知っている者は確実に存在する訳です。

それらの情報を絶対に誰も利用していない、と果たして言い切れるでしょうか?

少なくともこの動きで誰かが得をして誰かが損をしています。(大抵は大衆側が損失を被る)
そのような思惑や動きがある中、全ての事象が読み切れない偶発的なものである、とは決して言い切れないとわたしは思います。

事実、今回の介入は8本RCI-FX手法のロジック③で読み取る事が出来ました。
ややイレギュラーな許容は必要でしたので全員が取れた訳ではありませんが、特にアグレッシブなトレードを行う生徒さんは多く取れていました。

獲得pipsは約300pips。

5分足トレードで取る値幅としては週給以上に値するpipsをわずか30分間で稼ぎ出した事になります。

また、特筆すべきはリスクリワードです。

このトレードのRRは・・・1:20!
※損失1に対して利益はその20倍

ルール通りの損切り値と決済、そして資金管理も合わさると、このトレード1回で40%の資金増となります。

このようなトレードは1年に1-2回とはいえ、これだけ圧倒的なトレード機会に巡り合える可能性を持っている事も、他のオシレーターやインジケーターでは成しえないRCIによる精密な読み取りの特徴の一つと言えるでしょう。

さて・・・これだけ言及しながら当のアールはどうだったかと言うと・・・取れませんでした笑
わたしはここ数年は年度上期で年間の利益目標に到達してしまうため、7月からの年度下期は保守的なトレードにシフトし、優位性確認や新ロジック構築、生徒さんへの回答や育成に力を注いでいく傾向があります。
以上言い訳でした^^;

とはいえ、複数の生徒さんからの歓喜のご報告は自分のトレードよりも嬉しいものです。
また来週も本手法の参考になるトレードを紹介できればと思います。


目次